飲めない男は相席屋は不利?

飲めない男は相席屋は不利?

記事のイメージ画像

飲めない男は相席屋は不利かという質問に対して、はっきり言えるのはノーです。お酒が強いことが女性が強く願る男への願望ではないですし、飲酒が苦手であっても容姿のレベルが高いとか、会話が素敵という方が女子受けは良いので気にする必要はありません。

飲めないことで女子から可愛いと言われたら実は勝ち

飲み会や合コンの席で豪快にお酒を飲めると、同性からしても酒が強くてすごいなと感じることはあっても、女子から見たらそれが男の魅力になるわけではないです。むしろ飲めない男は相席屋は不利どころか、女子の好きなかわいいにあてはまることがあります。男性側としては女子に可愛いと言われてもうれしくはないかもしれませんが、日本女子はとにかくかわいいが大好きな生き物です。自分もかわいいと言われたい願望があるのと同様に、男性陣に対しても好感度の高いことに対して、かわいいという言葉が自然に出てきます。お酒は苦手でも女子に優しいとか、にこにこしていて感じのいい方が、断然女子には人気が高いのが現実です。

女子が見ているのは飲酒量ではなく人間的な魅力

女の子たちとの出会いの場所でアルコールが出るのに、お酒は全くダメというと、男からしたら致命的と感じることは少なくはないです。お酒が強い方が男らしいという構図が出来上がっている男子は多いですが、相席屋で飲めなくたって問題はありません。ものすごくお酒の強い女子で同レベルで飲める男子を希望する女子であれば、飲酒がダメな男子に退屈を感じることがあっても、そんなのはかなり稀です。出会いを求めて集まる女子たちはお酒が飲めるかではなく、人間としての魅力を重視しています。ベロベロに酔っぱらって酒癖の悪い男よりも、飲めなくても優しくて紳士な対応のできる男のほうがモテるのは当然です。

穏やかな気持ちで女子への気配りもできるほうがモテる

社会的なことや立場ばかりを気にするのは男のダメな部分ですが、飲めない男が相席屋へ行ったて無理と思うのは早とちりです。場所が居酒屋だけに盛り上がりのためにもお酒は出てきますが、飲めなくてもモテる男はモテます。アルコールが入ることでたいていの人は気持ちが大きくなるので、女性に対して自分がどれだけすごいかの時間をする男性もいますが、女子的には男の自慢話ほど格好悪いものはありません。お酒が飲めない男子はそもそもアルコールも入らないので、変にテンションが上がることもなく、穏やかに感じよく女子と過ごすことができます。女子たちとしても話しやすいですし、女性にさりげなく気を遣ってくれたり、褒めてくれたりしたら女子の意識は向きやすいです。

まとめ

お酒の出る席でアルコールはダメというのは、社会人として生きていくときに若干のネックになっても、相席屋ではマイナスにはならないです。飲めなくたって女子たちは基本的に酒よりも優しい男に好感を持ちますし、ノンアルコールでも女子を優先させて、楽しく会話ができれば楽しい時間を過ごすことができます。

比較ページへのリンク画像