相席屋でお持ち帰りを実現させるテクニック

相席屋でお持ち帰りを実現させるテクニック

現在人気の婚活居酒屋である相席屋は皆が出会いに期待を抱いて来店しています。女性は飲食代はタダになるので、それを目的にしている人もいます。しかしそんな人も全く出会いを期待していない女性はいません。合コン等とは違い相席屋は期待度や真剣度が違うので、お持ち帰りできる可能性は高いです。しかし実現するのは簡単ではなく相応のテクニックは必要です。

前半は空気を作る事に集中して地ならしを行う

出会いを期待しているからといってそう簡単に女性を連れ出す事はできません。相席屋に来ている女性は1人ではなく2人以上が来店の条件なので、友人や会社の同僚と来ています。少人数同士で飲むスタイルなので、もし連れ出されたら残された友人はどうなるのでしょうか。その後の関係にも配慮したテクニックが必要です。まず前半は最初から狙った女性ばかりにいかず、皆で楽しく過ごす空間を作る事に集中します。その方法は女性グループ全員均等に接して、場に入れない女性を作らない事です。忘れてはいけないのが皆で楽しく過ごす事です。前半は互いに慣れる事と楽しいと感じさせる事に注力する事で、後半に1歩踏み込んだ行動に自然と移す事ができます。

席替えタイムを活用する事でチャンス拡大

皆で楽しく飲む事が目的ではありません。お持ち帰りする事が最終目標であり、狙った女性にアプローチをかける様にとシフトチェンジする必要があります。男女が対面で飲んでいるので机が壁になっており、まずそれを取り払う必要があります。その有効策が席替えを行い狙った女性の横に行く事です。相席屋では2~3人同士で飲む事になるので、狙った女性の隣に行きやすい性質があります。しかし場が馴染んでいないと席替えタイムを不快に思わせてしましかねません。だからこそ前半に席替えをできる雰囲気を作っておく必要があるのです。無事席替えをして着席した瞬間から勝負が始まっています。さりげなく狙った女性に対して隣に来たかった事を伝えます。女性も男性も自分に好意があるとわかると意識しますので、より2人の距離は縮まらせる事ができます。

席替え後は2人の時間と空間を作る事

席替えをした後は皆で楽しく過ごす事より狙った女性ばかりに集中して問題はありません。むしろ周りにわかる位にいい雰囲気を作る事で、一緒に来た男性の支援を受けやすくなります。この際も終始紳士的に接する事がお持ち帰りには重要です。友人や同僚と来ている女性は、お持ち帰りされた後に後日色々聞かれたり心配される事になります。狙っていない女性からも好感を持ってもらう事も、狙った女性を連れ出す為には非常に重要な要素です。お持ち帰りする女性が友人の事を気にせず安心してその場を抜けられる存在になる事こそ、成否を分けると言えます。その後は女性が何を望むかによりますが、末永く付き合っていくにしろ一夜限りにしろ無理にお泊りを要求しない事が大切です。その日が無理でも後日があるのですから。

まとめ

相席屋はお持ち帰りする事は可能ですが、その女性が抜け出す事を躊躇う要素には一緒に来ている友人や同僚の存在があります。その友人や同僚に促される程になる事が大切です。後押ししてくれる存在を作る為には、しっかりと最初に皆平等に接して空気を作るテクニックが重要です。

比較ページへのリンク画像